合宿免許での自由時間の過ごし方

合宿免許は大学のようにコマ割で授業日程を組んでいきます。そのため科目によってバラつきがあり、午前は休みで午後から授業という日もあるぐらいです。また、授業、自由時間、教習、といった変則的な日もあります。それから「休日が無い」という点には注意しておきましょう。大体イメージとしては単位に余裕のある大学4年次の大学生活という感じです。ということはつまり、自由時間は豊富に存在するということに他ありません。免許合宿では2週間での合格を目指しているところが多いため進学塾のような詰め込み教育をイメージされる方もいるかもしれませんが、実際は結構余裕のある自由時間の中で過ごすことになるのです。そのため自由時間対策について事前に考えておくと良いでしょう。「勉強するぞ!」と強く意気込んで合宿に向かうと拍子抜けしてしまうかもしれません。合宿地の近隣には観光地があることも珍しくないので、前もって自由時間の潰し方についても考えておきましょう。

自由時間は思い思いに

自由時間は授業の合間にある短いものから長時間のものまで様々です。そのため暇つぶしには時間に応じた行動を取ると良いでしょう。短時間の場合ならスマートフォンで遊ぶのも良いでしょう。本格的にゲームがしたいのであればPCやタブレットを持ち込むのも良いかもしれません。ただあまり熱中しすぎてしまう暇つぶしをしてしまうと授業の内容が頭から抜けてしまうので注意が必要です。また、人里離れた合宿所を選んだのなら逆に電子機器を持ち込まない生活を体験してみても良いでしょう。SNSやメールに縛られず目の前に広がる自然を感じることができて良いリフレッシュになるはずです。長時間の自由時間があるなら周辺の観光地へ出かけてみるのは良い経験となります。温泉地で天然温泉につかるという体験はなかなか日常でできるものではありません。その土地の温泉に入りその土地の食物を食べるという事は楽しいものですし知見を広げるきっかけともなります。

門限がある場合には注意が必要です

合宿免許にも門限と言うものがあります。無かったなら秩序が取れず、違反者が重大な過失を行う可能性も上がりますし合格率も低下してしまうかもしれません。ほとんどの寮では22時が門限となっているので余裕を持って対応できるはずです。観光地が近隣に存在していてもしっかりと合宿であることを自覚して時間通りに門限を守るようにしましょう。もし門限を破ったなら最悪の場合、退校処分が下されてしまうためお金と時間を無駄にしかねません。もし観光地が気に入ったなら免許を取得して再度おとずれれば良いだけです。今は楽しむときではなく免許を取得するときなので、はめを外しすぎないように気をつけましょう。もちろん22時まで出かける予定がそもそも無ければ門限を気にする必要もありません。最初から門限を視野に入れて自由時間を過ごすように計画すれば済む事です。仲間や友人同士で観光することは楽しいものですが、その雰囲気に流されないように門限は気にかけておきましょう。